趣味は競馬って正直に書いたほうがいい?


「いいえ、書かないほうがいいものは書きません」
 
 
履歴書は「人柄を見るツール」ですから、嘘はダメですけど不利になるような事をわざわざ正直に書く必要もありません。趣味の欄にパチンコなどのギャンブル系や漫画などのサブカル系を書いてもその業界でなければマイナスに作用しますので書かないほうが無難です。
 
書き方も単に「読書」だけでは相手に人柄が伝わらないので、どういうジャンルの本を読むのか、そのジャンルを読んで何を得たのかを書くのがセオリーとされています。ただし、書いたからには質問される可能性が高いのでハマった理由やその世界では常識レベルのことはきちんと答えられるようにしておきましょう。
  
余談ですが、趣味の欄に読書は書かないほうがいいとするマニュアル本などもありますが、私は学生時代に歴史小説を読み漁っていたので “読書(歴史小説を主にどうたらこうたら)” と書いて採用されましたから、本当に読書なら堂々と書けばいいと思います。趣味ですからね。ただし、書ける趣味がないため、読書、音楽鑑賞とするのは避けたほうが良さそうです。
 
どうしても趣味が書けない場合、趣味欄がない履歴書を使うというのも奥の手としていいかもしれません。


コクヨ 履歴書用紙 手引書付 A4 JIS様式
 
資格欄は、趣味のものや英検4級のようにレベルの低いものは書きません。ただし、車の運転免許のように仕事にリンクするものは書いておきましょう。なお、趣味で取得したものや仕事全くリンクしそうにない資格は特技の欄に書くのも方法だと思います。取得した資格は堂々と書いてよいのですが「資格があるから採用したのに全然わかってない・・・」などと言われないよう入社が決まりその資格が活きるときにはもう1度勉強しておくことをオススメします。
 
 
次回「志望動機は、一生懸命頑張る!でいい?」
に続きます。
 
facebookページでは今回の記事の裏版をUPしておりますので、そちらもご覧いただければと思います。
 
https://www.facebook.com/kouyama.club/

お問合せは、こちらのフォームまたは下記メール等にお願いします。
本文に関係ないけどちょっと聞いてみたい、でも構いません。
* お問合せは無料ですから、お気軽にどうぞ。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

申込み 質問 その他 

メッセージ本文

email:info@kouyama.club


▼ どんな人?と思われたらぜひ。