Life Share Note

 
  
るのはなた!
b_simple_42_0m 
夜、あなたのおかあさんが倒れ、救急車で運ばれました ー
 
幸い手術も成功し、そのまま入院。その入院手続きをあなたがすることになりました。そこで、飲んでいる薬、副作用の有無、過去の病歴など問われたら、あなたは答えられますか?  
 
近年、エンディングノートが話題になっており、もしおかあさんが持っていれば、それをベースに答えられるかもしれません。ただ、あまり期待はできません。
 
 ① 最後まで書いた人は2012年のデータで1.9%しかいない。
 ② ほとんどの人が書いたことを家族に伝えてない。
 ③ 緊急時にエンディングノートを持ち歩く余裕はない。

つまり、緊急時にこれを見て!というものを親が用意していることはほぼありません。
そして、必要な情報が見つけられなくて困るのはおかあさんではなく、あなたです。
 
また、逆の立場になっても同じで、もしあなたが外出中に倒れたとき、救急隊員が何を見ておかあさんに連絡してくれるでしょうか?そして、おかあさんはお医者さんの質問に即答できるでしょうか?
 
大事な人を守るためには、大事な人との情報を共有し、簡単に情報を引き出せるシステムを構築しておくことだと考えます。そこで、情報をひとまとめにして大切な人と共有する「Life Share Note」を作成することオススメします。
 
 
 
休みの宿題はめに!
b_simple_42_0m 
この手の話になると「まだ早い」「縁起でもない」「うちは大丈夫」など、もっともらしい言い訳で先送りにしようとしますが、夏休みの宿題と一緒で先に済ませておけば気楽に暮らせます。この機会にきちんと対策しておきましょう!

「Life Share Note」のイメージは、「Yahoo!」「google」といったポータルサイトです。「ここを見れば知りたい情報にたどり着く」を目指して、散らかっている情報をひとまとめにします。ただ、紙の情報もあれば、データ化された情報もあるうえ、見られたくない情報、必要な情報も人それぞれ異なるため、ニーズに応じて整理していきます。また、今すぐ入力できない、したくない場合は後日でもかまわないような仕組みにします。  * 「基本データのこと」をクリックすると基本データが見られるという仕組み

 
 

 
 
要な情報を要なときに! 
折角作成したノートも必要なときに見られなければ意味がありません。そこで、作成したノートのうち、飲んでいる薬や病歴など必要な情報はクラウドなどにあげておき、いざというときに見られるようにしてみてはいかがでしょうか?
 


なお、この図はスマホ利用を想定しておりますが、ガラケーのインターネット接続をしない場合などモバイル環境やご要望に応じた使用方法をご提案いたします。


  
QRストラップ、ンディングノートも作成できます!  
持病がある方、ご高齢者の方だけでなく万が一のために「緊連絡カード」「救命QRストラップ」「緊連絡キーホルダー」の作成もご提案させていただいております。現状の「緊急連絡カード」などはどうしても情報量に限りがあるため、足りないものについてはクラウドにアクセスして情報を取得します。なお、これを応用してペットに「迷子キーホルダー」をつけるということも考えております。
 
* Evernote等の無料アカウントを作成していただく場合があります。
 

 
エンディングノートは「散らかっている情報をまとめる」「旅立つ前後にしてほしいことをまとめる」の2本の柱で成り立っており、そのうち「旅立つ前後にしてほしいことをまとめる」は◆の項目くらいしかありません。「Life Share Note」を事前に作成しておけば、今は考えたくない!という方でも、後日◆の項目を追加するだけとなり終活もスムーズに行えます。

◆ 介護、治療の情報
◆ 葬儀、お墓の情報
◆ 相続の情報

また、終活はエンディングノート、遺書、遺言書だけなく、契約や家族信託という方法もありますが「Life Share Note」をベースにするとこれらの手続きがスムーズになるでしょう。
 

なぜ、事務所で成するのがいいのか?
散らかっている情報をひとまとめにすることは、難しいことではないので自力でもできます。
それでも、当事務所に依頼されることをオススメします。なぜなら・・・
  
◯ 書類作成だけでなく生活に合った運用方法もご提案する数少ない事務所です。
  → 折角作成した書類も見たいときに見れなければ意味がありません。
    それにはどういう仕組みにし、どう運用すればいいのかまで一緒に考えます。
 
◯ 「もしも」が起こっても慌てず対応できます。
  → 「もしも」のときに必要になる書類から項目を洗い出しており早期対応を実現。
  → 他事務所にご依頼される際もテキストファイルなどのデータで提供できます。
  → 当事務所は契約書や相続相関図など必要な書類も作成またはサポートいたします。
 
 
  
 
そんな当事務所ができることは下記のとおりです。

① 散らかっている情報をまとめるフォーマット「Life Share Note」の提供と作成支援
② お客さまのライフスタイルに合った「Life Share Note」の活用方法のご提案
③ 緊急連絡カードの作成
④ 住所録、契約書など紙ベースのものを電子化
⑤ 契約書、財産目録、相続相関図など必要書類の作成
  
 
なお、Life Share Note の作成は、基本的にこちらで用意した質問にご回答いただき、それをベースに作成いたします。ただ、全ての回答を書いたり入力するのは手間がかかりますので、情報が書かれた書類を写真で送っていただければ、こちらで処理いたします。(ご依頼後、別途ご案内させていただきます。)入力はこのサイトからでも、Excelでも、紙でも可能です。

* インターネットでの入力画面です。

* excelでの入力画面です。
入力すると色が白に変わります。
 

* PDF化されたLife Share Note(基本データ)
*いたずら心で上記の「基本データ」をクリックして
ここに来られた方は、こちらからお戻りください。
 

んなことしてみたいけど・・・お合せ


興味はあるけどいまいちよくわからない、こんなことしてみたいけどどうだろう?など疑問やご相談はお気軽にお問合わせください。
 
お問合せは、下記のSNSまたはお問合せフォームに必要事項を記入し送信をお願いたします。自動返信メール送信後、あらためて詳細をご連絡させていただきます。なお、この時点では料金の発生はありません。また、Facebook等のSNSまたはEmailからでも構いません。
 
Email:info@kouyama.club
facebook(事務所用):https://fb.me/kouyama.club/
Twitter : https://twitter.com/K_Shin51
アメブロ : http://ameblo.jp/shin51/
 
※ 電話について
電話については集中した環境下で仕事をしたい、仕事の効率化を考えると電話よりメール等の方がトラブルが少なく効率が良いと考えており、初回お問合わせについては極力控えていただくようにしております。お客さまのご協力していただく分、低料金に設定しておりますので、ご理解のうえ、ご協力いただきますようお願い致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(半角)

ご依頼内容(必須)
  * よくわからなければ「その他」にしてください
 相談 作成依頼 提案 その他

添付書類について(任意)
 なし あり(ファイル送信) あり(FAX送信) あり(郵送)

添付ファイルはこちらより送信願います



FAX・郵便等はこちらに送付願います
  FAX:082-921-0120
  郵送:〒731-5132 広島県広島市佐伯区吉見園8-24 カルム吉見園304
      こうやま行政書士事務所

 

メッセージ本文

料金

名称報酬額
(税込)
サービス内容
電子化15円/1枚ノートなど見開きページは2ページを1枚とカウントします。
家事シェア作成 5,400円~家事シェアに関わるものを作成します
L.S.Note作成支援 8,100円~NoteはDVD等での引渡しになります
クラウド構成作成支援10,800円~Life Share Note+クラウド構成します
対面での作成17,280円~直接伺いながら作成します
(交通費は実費請求になります)
契約書作成3,240円~財産管理等委任契約書などを作成します
契約書のチェック 2,700円~自作または相手からの契約書をチェックします

 


▼ どんな人?と思われたらぜひ。