カタログにQRコードをつけてみた

祖父はスティック掃除機が欲しい!

93歳(推定)の祖父は今でも歩けるほど元気。
そんな祖父は、下記のような条件に合うスティック掃除機が欲しいとのこと。
 
◯ コードレス(コードを引っ掛けて転びたくないため)
◯ モーターが下にあるタイプ
◯ できるだけ軽いのがいい
◯ 使ってみないとわからないので2万円以下くらいで
 
いろいろ家電量販店を見て回ったものの決めきれなかったようで、
「ちょっと調べてみてくれんか?」
との依頼をいただきましたので調べてみました。

 

訪問販売するつもり?

調べるとは言ったものの家電量販店を見るのは好きでも、家電自体には詳しくない私。
家電芸人レベルの説明なんてとても出来ないので、簡単なカタログみたいなものを作成して説明することにしました。文字数が少ないのはサボったからとも言えますが、祖父は老眼なので文字は少なめにという配慮からです。


なお、実際のカタログは製品写真を使っていますが、ここでは著作権の関係でイラストにしております。
 
QRコードが2つありますが、右側はこの製品レビューをしている動画サイトに接続され、左側は製品情報が記載されているカカクコム、楽天市場に接続されます。スマホはテレビに接続できるので動画はテレビでも見られます。
 
 

QRコードが心強い味方に!

祖父はスマホを持っていないので、祖父が直接QRコードを読み取ることはできません。ですから、祖父が詳しく知りたいときに私がQRコードを読み取り、詳細が載っているサイトを参照し補足説明を行う、という作戦です。
 
メーカーのサイト用のQRコードを作成しても良かったのですが、カカクコム、楽天市場の商品ページはメーカーのサイトがリンクされているので、個別にQRコードは作りませんでした。
 
これで、そんなに家電に詳しくない私でも祖父の質問には答えられそうですし、即注文することもできます。

 
カタログに限らず、資料作成などのときにボリュームが大きすぎて紙面に載せられないもの、説明時にバックデータを引き出したいときなどQRコードをつけておくといいかもしれません。

あとがき

結局、3社3機種くらいに絞って来週あたり祖父のところに持っていく予定です。売り込みではないので気楽なものです。それにしても、Youtubeというかユーチューバーは凄いです。今回調べた掃除機は大体レビューみたいな動画ありました。家電製品を買う際には、一度Youtubeで確認してからというほうがいいかもしれませんね。
 
 



▼ どんな人?と思われたらぜひ。