確認欄01

確認画面

Q1 氏名 

ふりがな

クラウド化

情報公開レベル


Q2 性別 

クラウド化

情報公開レベル

 
Q3 血液型  


クラウド化

情報公開レベル

 
Q4 生年月日 

クラウド化

情報公開レベル


Q5 職業 

※ 会社員、学生なら社名、学校名までが理想。主婦、無職はそのまま記載。
クラウド化

情報公開レベル

 
Q6 産業 ※補足あります。こちらをクリック

クラウド化

情報公開レベル

 
Q7 産業(死亡届用)

クラウド化

情報公開レベル

  
Q8 固定電話 
- -
クラウド化

情報公開レベル


Q9 携帯電話 
- -
クラウド化

情報公開レベル


Q10 メール 

クラウド化

情報公開レベル

 
Q11 最も使うSNS  
サービス名

URL
 ※ httpから入力してください
クラウド化

情報公開レベル

 
Q12 普段使う身分証明書 

保管場所(Q13)

クラウド化

情報公開レベル

 
Q14 住所(住民票) 

クラウド化

情報公開レベル


Q15 本籍地 ※補足あります。こちらをクリック 

筆頭者

クラウド化

情報公開レベル


Q16 保険証 
保険証 記号

保険証 番号

保険者番号

クラウド化

情報公開レベル

 
Q17 プロフィールでの備考



本人の情報(緊急連絡先)

Q1 連絡先氏名① 

間柄

固定電話
- -
携帯電話
- -
住所

クラウド化

情報公開レベル

情報公開レベル(住所のみ)

 
Q2 連絡先氏名② 

間柄

固定電話
- -
携帯電話
- -
住所

クラウド化

情報公開レベル

情報公開レベル(住所のみ)

 
Q3 連絡先氏名③ 

間柄

固定電話
- -
携帯電話
- -
住所

クラウド化

情報公開レベル

情報公開レベル(住所のみ)



個人情報の取扱いについて
公開される場合には、相手の許可が必要です。何をどのように公開するのか説明し、相手の許可をもらっておいてください。なお、当事務所に公開の仕組みまでご依頼された場合は、緊急時において「緊急連絡先」に救急隊員など助けてくれる人がアクセスしたときのみ公開となります。
 
おつかれさまでした。このセクションでの質問は以上です。
あとはEmailアドレスをご記入いただき「確認」「送信」ボタンを押すだけですが、うまくいかなかったときのために、記載されたものをバックアップされておくことをオススメします。
 
Email をご記入ください(ご記入されないと送信できません)

質問等ございましたらこちらからお願いします。



Emailを記入しているのにうまく確認画面が出ないとき、
確認不要の方は下記「送信」ボタンから送信してください。
 

<補足>
Q6,Q7の産業について
申請書のなかには、職業だけでなく産業まできかれることがあります。
産業?といわれてもピンとこないと思いますので、厚生労働省のHPでご確認ください
なお、死亡届とその他では項目が異なりますので注意が必要です。(戻る)
http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0215-1a.html
                            
 
Q15,16の本籍地・筆頭者について
重要な申請、登記などさまざまな手続きには戸籍(除籍)謄本が必要です。
本籍地・筆頭者が曖昧など戸籍謄本を取得できないため、きちんと把握しておかなければなりません。 もし、わからない場合は「本籍地・筆頭者を記載した」住民票で調べることが可能です。 ちなみに、戸籍謄本は本籍地が遠い場合は郵便でも取得が可能です。(戻る)


▼ どんな人?と思われたらぜひ。