エッセイ

 

ブログは読んでくれる人のために書くのがセオリー。

 

ただ、好き勝手書きたい夜もある。

そこで、好き勝手書いたものをここに収めておく。

 

有益なものはあまりないので、

読まなくても人生において何ら差し支えないと思う。

エッセイ

音楽は上手じゃなくとも楽しければいい!と思わせる六甲おろし【音楽エッセイ】

朝ドラ『エール』が、終わってしまった。 結局、最終回になっても主題歌の終盤は ♪ 遠くまで 君 く~わ~え~ にしか聞こえなかったけど、終わってしまった。 ...
エッセイ

正義には任せられない!『Chili Peppers』と目指す世界征服【音楽エッセイ】

世・界・征・服 それは、中学生くらいにもなると男の子が1度は憧れ、夢見るもの。そして、もし自分が世界を征服したら、まず言語を統一しよう、昨日習った秀吉みたいに刀狩りも...
エッセイ

揺れる想いはわかるけど、知らないことは教えてもらおう!【音楽エッセイ】

NiziU(ニジュー) や SixTONES(ストーンズ) 何人組なのかわかりますか? 「ニジューだから20人だろ?」 などと答えると、その場が冬の夜の山奥の...
エッセイ

『そして生活はつづく』を読んだら星野源とわかりえそうな気がした【書評エッセイ】

星野源とわかりえそうな気がした。 というか、やたら星野源の文章が愛おしく思えた。 著書『いのちの車窓から』を読んだときには やはり星野源は好きになれない、好きには...
エッセイ

『いのちの車窓から』を読んでも、やはり星野源は好きになれない【書評エッセイ】

星野源は、好きじゃない。 ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の 彼の役どころが気に入らなかった。 あまりのかわいさに 本当は実在していなくて妖精なのでは? ...
エッセイ

カップ焼きそばの”かやく”は、”あとのせ”がサクッとして美味しい【書評エッセイ】

(p.100より) 「このかやくがいいね」と君が言ったら七月六日はカップ焼きそば記念日 へぇ、そうなんだ。 7月6日は、カップ焼きそば記念日なんだ。 ...
エッセイ

大五郎の5秒ルールも受賞した『めざせイグ・ノーベル賞 傾向と対策』【書評エッセイ】

『5秒経ってないから、セーフ!』 という謎のセリフを吐いて 彼は地面に落ちた赤いアメを拾って口に入れた。 大五郎は不思議なヤツだった。 長男なのに大五郎。 ...
エッセイ

かいわれ大根に夢と希望を賭けた男とその夢を打ち砕いた女の物語

この日のツイートは、「かいわれ大根の日」をピックアップ。 ツイートは「まとめ」に記載しますが、 かいわれ大根には、少しせつなくて、 ほろ苦い思い出があります。 ...
スポンサーリンク
トップへ戻る