エッセイ

 

ブログは読んでくれる人のために書くのがセオリー。

 

ただ、好き勝手書きたい夜もある。

そこで、好き勝手書いたものをここに収めておく。

 

有益なものはあまりないので、

読まなくても人生において何ら差し支えないと思う。

エッセイ

異性からの「好みのタイプは?」の正解は?西加奈子『まにまに』【書評エッセイ】

若かりし頃、よく合コンに行ってました。 へぇ、これまでの記事の印象だと仕事が終わったら家に引きこもって体育座りでテレビ観てそうだけど意外と遊んでた?と思われるかもしれ...
エッセイ

坂東慧『旅に出よう!』をお供に旅に出よう!春になったらね【音楽エッセイ】

旅に出たいなぁ・・・ 坂東慧『旅に出よう!』を聴きながらそう思った。  (音量注意でお願いします) 昨年からこれまでコロナ禍とあって、旅といえば事務所...
エッセイ

『マンガがあるじゃないか』とはいえ、人にマンガを勧めるのは危険【書評エッセイ】

やはり『宇宙兄弟』を挙げるのは、ややあざとい感じがするな。 宇宙兄弟(1) posted with ヨメレバ 小山 宙哉 講談社 2008年03月...
スポンサーリンク
エッセイ

YOASOBI『群青』は「ブルーピリオド」を読んで聴くと青く光る【音楽エッセイ】

今回のエッセイは、YOASOBIの曲は元ネタの作品を読むと世界観がガラッと変わって面白いという話を前フリ多めで語っております。 もうすぐ始まりますので、引き続きお付き...
エッセイ

婦人倶楽部『そいえば台湾』素朴な歌詞とミステリアスなユニットの共演【音楽エッセイ】

伝わる文章を描くというのは本当に難しい。 特に人前に出す文章を書くときに困るのが、少しでもカッコよく、少しでも面白く見せたいというワラワラと湧いて出てくる自尊心という...
エッセイ

美術館デートは上級者向き?画家を目指す漫画『アルテ』が面白い!【書評エッセイ】

うん、よーわからんな。 白い額縁に飾られ、やたらライトが当てられている目の前の作品は、どう見てもいろんな色や太さの糸がくちゃくちゃに絡まった様子を描いただけのよう。い...
エッセイ

『スマホ使いこなしてる?』見ない時間を作ってこそスマホマスター【書評エッセイ】

散歩の途中に出くわすネコをスマホで撮る というのはなかなか難しい。 あやつら日向ぼっこしながらウトウトしているときでさえも、こちらが少しでも近づき過ぎるとパッと逃げ...
エッセイ

音楽は上手じゃなくとも楽しければいい!と思わせる六甲おろし【音楽エッセイ】

朝ドラ『エール』が、終わってしまった。 結局、最終回になっても主題歌の終盤は ♪ 遠くまで 君 く~わ~え~ にしか聞こえなかったけど、終わってしまった。 ...
エッセイ

正義には任せられない!EIKO+ERIKOと『Chili Peppers』の世界征服【音楽エッセイ】

世・界・征・服 それは、中学生くらいにもなると男の子が1度は憧れ、夢見るもの。そして、もし自分が世界を征服したら、まず言語を統一しよう、昨日習った秀吉みたいに刀狩りも...
エッセイ

揺れる想いはわかるけど、知らないことは教えてもらおう!【音楽エッセイ】

NiziU(ニジュー) や SixTONES(ストーンズ) 何人組なのかわかりますか? 「ニジューだから20人だろ?」 などと答えると、その場が冬の夜の山奥の...
エッセイ

『そして生活はつづく』を読んだら星野源とわかりえそうな気がした【書評エッセイ】

星野源とわかりえそうな気がした。 というか、やたら星野源の文章が愛おしく思えた。 著書『いのちの車窓から』を読んだときには やはり星野源は好きになれない、好きには...
エッセイ

『いのちの車窓から』を読んでも、やはり星野源は好きになれない【書評エッセイ】

星野源は、好きじゃない。 ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の 彼の役どころが気に入らなかった。 あまりのかわいさに 本当は実在していなくて妖精なのでは? ...
スポンサーリンク
トップへ戻る