レディーファーストは弾除け!賊除け!毒味役!その意外な由来とは?

スポンサーリンク

春色の四国の汽車 
先日、春色の汽車に乗って海を眺めていると、

男女比率半々の欧米系の外国人集団が乗ってきた。

 

欧米系の外国人といえば、レディーファースト

本場モンのレディーファーストが見られるのかと

しばし、のぞき見。

 

男性陣は、ドアという名のゲートが開いた瞬間にダッシュで席取り。

その後、悠々と女性陣が乗ってきた。

ほぉ、これが本場のモンのレディーファーストか!と思っていたら・・・
 
 
お前ら、女性に席を譲らんのかい!(怒
 
 
男性陣のなかに、スーパーマンのTシャツを着た人もいたけど

全員そのまま座りっぱなし。

 

で、女性陣の数人は立つことに。
 
スイートピーは赤いものと思っていたのに、

赤色はスイートピー界の主流ではないと知った衝撃と同じくらいの衝撃。

 

外国人男性のみんなが、レディーファーストというわけではないよう。

そして、スーパーマンのTシャツを着ていても女性に席は譲らない男性もいるようだ。

 

なんだか納得いかないので、レディファーストについて調べると、さらなる衝撃!

 

女性に優しく・・・なんてことはなく、

弾除けだった、賊除けだった、毒味役だったなど、

目を背けたくなる説が続々。

 

そこで、今回はレディーファーストについてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

本当は怖い?レディーファーストは、弾除け!魔除け!毒味役!あなたの知らないレディーファースト

エスコートする男性
そもそも、レディーファーストとは何なのか。

その意味をウィキペディア先生に聞いてみた。

レディーファースト(英: Ladies first「女性が真っ先にしよう」)とは、ヨーロッパ上流階級における淑女のマナー(女性が先に準備して男性を迎える、女性が先に済ませる、女性が先に退出し男性の会話に加わらない、など)を示した言葉である。(一部省略)
本来は上流階級の淑女がとるべき行動やマナーを示す言葉であるが、しばしば紳士の取るべきマナーと混同される。
 
引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

そう、男性の振る舞いやマナーと思われがちですが、本来は女性のマナー。

ただ、ウィキペディア以外にこの説を推す資料が探せなかったので、

真偽の確証が得られず。

 

しかも、女性を優先させる欧米の習慣として使うのが一般的。

これはネタ程度として読むほうがいいような気も。

 
そんなレディーファースト、諸説あるようなので3つご紹介。
  

スポンサーリンク

諸説1 これは酷い!弾除け説

弾除け説は、中世のヨーロッパにおいて

「女性は戦争中に弾除け程度にしか役に立たん!先に歩かせろ!

と言い、敵の位置を探るために女性を先に歩かせた司令官がいた、というもの。

 

ただ、これも証拠となる文献等がないため、あくまで噂レベル。

信憑性はかなりなさそう。
 
 

諸説2 これも酷い!賊除け・毒殺除け説

これも中世のヨーロッパからの説。

 

当時は切り裂きジャックことジャック・ザ・リッパーなど

突然斬り付けられるという事件や贈り物に毒が仕込まれている

という毒殺が多発していました。

 

そこで、賊(ぞく)や暗殺者から身を守るために、

女性が先に歩いたり、先に家に入ったり、

先にご飯を食べたりすることで男性の盾になっていた、というもの。

 

もっともらしい感じですが、

これだと殺される事が少なくなり平和になったら自然消滅しそうな気もします。
  
 

諸説3 生き残るため、地位のある女性に気に入られたい

中世の騎士の銅像
中世の騎士は、家督を継げる長男は優遇されますが、

次男・三男以降は家を継ぐ可能性がほとんどありませんでした。

 

ですから、彼らは戦争で名を上げようと頑張ります。

が、そもそもそういうのに向いていない人も。

 

そういう人達は、主君の奥さまに気に入られて生き残りを図ったり

裕福な未亡人を狙って地位を上げようとしたわけ。

 
そのテクニックとして『レディーファースト』が生まれたというもの。

これがよく言われる「レディーファースト」に最も近そうな感じ。

 

以上の3つの説が有力候補。

ただ、まだまだ諸説あるようで、

何が起源になっているのかは本当のところはわからない。

 

もっとも、あまりいいエピソードはないようだ。

 

スポンサーリンク

まとめと感想

今回のまとめは下記のとおり。
 
◯ 外国人男性が、みんなレディーファーストだと思ったら大間違いだ!
◯ レディーファーストの由来には諸説ある
  
色々調べていくと、イギリスは昔ほどレディーファーストを重視しなくなったとか。

 

冒頭のあの集団は、イギリス人だったのだろうか。 

レディーファーストが悩める職場の人間関係を改善する一歩になる!
  職場の人間関係に悩んだとき、取るべき道はいくつかあります。 「相手の言うことを聞き流す」 「相手を反面教師として接する」 「仕事に専念して仲良くすることを諦める」 など、各サイトや本でもさまざまな改善策が書かれています...

なお、男性の私から見ても、

さり気なくレディーファーストできる男性はかっこいいよす。

 

そして、それに対して「ありがとう」と言える女性は素敵。

しかも、レディーファースト慣れしている男性って、

実は男性にも気配りできたり、優しかったり。

 
そして、素直に「ありがとう」と言える女性もやはり気配りできたり、

優しかったり(私調べ)。

 

なので、レディファーストなんて差別だ!

 

など色んなご意見はあろうかと思うけど、

私はみんなが優しくなれるいい習慣だと思うので、

さり気なくできるように心がけていきたい。
 
 
・・・そして、できるならモテたい(苦笑
 
 
▼ 身近な人とのコミュニケーションで、レディーファーストを習得できるかも?

コメント

トップへ戻る