『ブックレコメンド』で、お金も気になる本も貯まる!溜まる!【気になるサイト】

スポンサーリンク

読書 ブックレコメンド

 

『わぁ~、この本めっちゃおもろい!みんなに教えたい!』

 

そう思うことってありませんか?

あるある!という方にオススメしたいサイトがこちら。

 

書評すると、”お金” も ”教養” も ”楽しい時間” も 貯まる!溜まる!

新しいカタチで本を紹介するサイト『ブックレコメンド』

 

ブックレコメンド
読書好きによる書籍紹介サイト。本を1冊読んだ後、次に読む本を紹介するウェブメディアです。

 

おすすめポイントはこちら。

  •  書評するとお金がもらえる
  •  気になる本が増えてくる
  •  本を読むのが楽しくなる

 

何やらいいことだらけ。

一体どんなサイトなのか、ご紹介。

広告、目次のあと、すぐ!

 

スポンサーリンク

『ブックレコメンド』を3つの魅力でレコメンド!

 

今回ご紹介する『ブックレコメンド』は、

2020年に開設されたまだ若いサイト。

設立が 2013年のレスキューワーク株式会社が運営している。

 

ホームページ集客支援の会社なので

狙ってのことなのか、シンプルな作りのサイト。

そのおかげで軽くて読みやすい。

 

そして、これまでの書評サイトとは異なり、

「この本を読んだなら、こっちもどう?」

と、つながりのある2冊を同時に紹介する構成になっている。

 

この構成が、今後の書評サイトの主流になるのか注目したい。

『ブックレコメンド』は書評をするとお金がもらえる!

『ブックレコメンド』では、寄稿者を募集中。

なんと、原稿料をいただけるとのこと(2020年5月21日時点)。

  • 文芸作品          1,000円(約1円/文字)
  • その他(ビジネス書など)   500円(約0.5円/文字)

クラウドワークス、ランサーズなど

在宅ワーク系での原稿料が1文字 0.1~0.4円くらい。

(書評系の原稿料のみ。体験系はもっと高い)

 

・・・こ、これは、破格の高さ!!

 

なお、原稿料の違いは、

”文芸作品は商品寿命が長いため” とのこと。

 

▼ 気になる方はこちらからどうぞ

 

なお、”赤字であっても、最低でも2020年末までは運営します” とは言われているけど、状況に応じて多少の料金改定や条件変更はあるかもしれないので、実際のサイトでご確認を!

 

 

文字数は、1記事あたり1000字くらい

2020年5月21日時点では、

文字数ノルマは書かれていない。

 

ただ、いろいろと投稿を読んでみると

1記事あたり1000字くらい。

 

1つの記事が下記のような三部構成なので、

ひとつの構成が300文字前後。

かなり書きやすい条件といえそう。

 

  1. 本Aの書評
  2. 本Bの書評
  3. AとBのつながり

 

ただし、寄稿募集では A,Bのどちらかは

課題本から選ぶことになっている。

 

詳しくはこちら:ブックレコメンド寄稿者募集

 

ちなみに、サイト運営者である水野氏も

ライターとして投稿しているので参考になるかと。

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(ブレイディみかこ)の次に読む本
水野読みやすいエッセイで、読むこと自体はさっと読めますが、考えさせられる点が多いです。 あらすじ アイルランド…

 

話題作のブレイディみかこ 著「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」からのつながり紹介になっているのだが、まさか ”そんな本” とは・・・

 

補足:自分の本を課題本にすることもできる

このサイトでは、有料になるけど課題本を提案することもできる。

 

つまり、自分の本を課題本にできる。

提案から掲載まで、一連の流れはこんな感じ。

 

翌月の課題本が未確定+申込み&25日迄に支払い済みの場合

翌月1日から月末まで、課題本に掲載
翌々月5日〜7日頃にレビュー記事を掲載
翌々月10日頃に、書籍を抽選で1名にプレゼント

 

なお、書籍当選者はツイッターで告知されるとのこと。

 

ただ、ツイッターを始めたばかりのせいか

サイトにアカウント(@_Book_Recommend)が記載さていないのはご愛嬌。

その他、料金など詳細条件は『ブックレコメンド』のサイトでご確認を。

詳しくはこちら:ブックレコメンド課題本を今すぐ提案する

 

基本的に、誰でも課題本を提案できるので

作家さんは自分の本を提案されてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

『ブックレコメンド』で、気になる本が増えてくる!

『ブックレコメンド』の良さは、

寄稿者になってお金をゲットするだけではない。

 

当然、サイトとしても面白い。

特に『ブックレコメンド』の持ち味である

次に何の本を紹介するのか?

 

あっ!と言わせる本なのか?

なるほど!そういうつながりね!

と納得させるものなのか?

 

ついつい、最後まで読まされてしまう。

 

最後まで読むってことは

気になる本が一気に2冊になる。

いい事なんだろうけど、お財布が・・・(苦笑

 

もっとも、いいことばかりではなく

書評の字数が少なく物足りなさはある

 

ただ、Amazonなどのリンクがあるので

興味がある本であればチェックはしやすい仕組み。

もちろん、そのままお買い上げもできる。

 

やはり、お財布が・・・(苦笑

 

スポンサーリンク

『ブックレコメンド』で本を読むのが楽しくなる

いいな!と思った本は、みんなに教えたい!

その証拠に、書評のサイト、ツイート、インスタが増えている。

 

私もそのひとり。

アウトプットを前提に本を読むと真剣味も理解度も違ってくる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

主人公が成長する姿を描いた作品は面白い 特に女性が成長する作品はたまらない。 . そりゃ、あんたがスケベオヤジなだけだ!と思った人は、校庭10周。 . 高田郁 著『みをつくし料理帖 八朔の雪』 #読了 . 料理人「澪」がさまざまな苦労をはねのけていく奮闘記。 . もっとも、オラオラ系で立ち向かうのではなく、芯は強いけどふんわりと乗り越えていくので、応援したくなる感じ。 . ”道はひとつ” ”小さく始めて大きく育てていく” などキラリと光る言葉も見逃せないところ。 . シリーズ物なので、続きが楽しみ♪ . #読書 #読書記録 #読書好きな人と繋がりたい #本 #本が好き #本が好きな人と繋がりたい #bookstagram #みをつくし料理帖 #映画化 #20201016公開予定 #読了記録

黒帽子のしん(@shin51.k)がシェアした投稿 -

 
 

どういう形であれ、

アウトプットする場を作っておくのと

楽しく成長できるのでオススメしたい。

 

そこで、今回『ブックレコメンド』を紹介したというわけ。

 

本を読むのに時間がかかるので、

時給換算すると仕事としては不向きでも

本代くらいにはなるので挑戦されてみてはいかがだろうか。

 

このリンクからどうぞ:☆ ブックレコメンド寄稿者募集中

まとめ

『ブックレコメンド』は、本好きなら1度はアクセスしてほしいサイト。

  •  書評、レビューでお金がもらえて嬉しい
  •  気になる本が増えて嬉しい
  •  本を読むのが楽しい

 

私もライター経験あるのだけど、

文章が下手だからといって遠慮することはない。

 

掲載する、しないは、運営者が決めること。

気に病むよりやってみるのがいいと思う。

 

私も課題本を入手したら挑戦してみようかと(笑

 

それでは(`・ω・´)ゞ

文章終わりのライン

コメント

トップへ戻る