非通知を着信拒否にしてみる

なぜ「非通知」でかかってくるの?

非通知でかかってくるのにはいくつか理由があります。
 
① 名簿業者などが生きている電話かどうか確認する
② IP電話、国際電話、公衆電話など技術的に番号を通知できない
③ 発信専用電話からかけたなど、相手にかけ直しをさせたくない
④ ストーカーやイタズラ

②、③の可能性は残るものの、正直「非通知」は少し気持ち悪い。
電話に出ずに放っておくという手もありますが、夜中に鳴るケースもあるので着信拒否するのが良さそう。そこで、着信拒否の方法について調べてみました。

着信拒否ではありますが、「非通知を通知にしてからかけ直して!」という感じのアナウンスを流す設定になるのでオススメです。
 

固定電話の場合

◯ 電話機の機能で「非通知着信拒否」
  ・ ナンバーディスプレイの加入が必要
  ・ 各電話機によって設定
    詳しくは説明書に記載されていますが、着信拒否のページには詳しく載っておらず
    機能一覧のページなどに詳しく載っているものもあるので、載ってない!と投げ出さ
    ず根気よく探したほうがいいみたいです。
 
    P社の一部機種の場合 「機能」→「#184」
    B社の一部機種の場合 「メニュー」→「初期設定」→「ナンバーディスプレイ」→
               「非通知着信拒否」
 
◯「ナンバーリクエスト」に加入
  ・ NTTならナンバーリクエストに加入し、設定により拒否できます。
    基本的に有料で追加契約が必要になります。ただし、ひかり電話エースに加入してい
    ると追加契約なしで利用可能です。
  ・ NTT以外のIP電話系もオプションサービスとして提供していますが、料金は色々みた
    いです。
 
 

携帯電話の場合

◯ 申込みも料金も不要
  ・ ドコモ 「番号通知お願いサービス」
    登録手順:「148」→「1」
    解除手順:「148」→「0」

  ・ au 「番号通知リクエストサービス」
    登録手順:「1481」に発信
    解除手順:「1480」に発信

  ・ UQ「番号通知リクエストサービス」
    登録手順:「1481」に発信
    解除手順:「1480」に発信

格安SIMいわゆるMVNOは、基本的にドコモ回線に依存していればドコモと同じ方法、au回線に依存していればauと同じ方法で着信拒否ができます。
 
 
◯ 申込みも料金も必要
  ・ ソフトバンク 「ナンバーブロック」 月額100円
    登録手順:「144」→「1」→「#」→「ガイダンスを選択」→「#」
    解除手順:「144」→「5」→「#」

 
以上ですが、一度設定したらそのままにする派とほとぼりが冷めた頃に解除する派がいるようで、私はほとぼりが冷めた頃に解除したらあまりかかってこなくなりました。
 
ぜひ、お試しを!

 ▼ 説明がよくわからない!もうちょい詳しく!のときはこちらから


▼ どんな人?と思われたらぜひ。