五日市にパレードがやってきた!

直前まで小雨が降ったり止んだりしてましたが、パレードの時間にはすっかりいいお天気になっていました。

五日市にパレードがやってきた

広島県道290号原田五日市線、通称コイン通りでは毎年4月中旬の日曜に「さくらパレード」というパレードが行われます。大きな宣伝がないため五日市住民ですら認知度があまり高くないのですが、それでも今年で19回目を迎えました。 パレードといっても、フラワーフェスティバルやカープの優勝パレードほどの規模はなく片側1車線での控え気味のパレードで、主に地元付近の中学校や消防隊、習い事の教室の方々が練り歩きます。
 

五日市中学校の吹奏楽部が先頭でした。
1kmくらい演奏しながら歩いてきたはずなのに
息がきれることなく元気に演奏していました。
 
近くの消防隊の方々だと思われますが、やはり1番人気はゆるキャラですね。


特に歓声が沸き起こることもなく、ゆるーい感じで20分くらい各団体が通り過ぎて行きました。なお、パレードに合わせての出店とかはありませんが、パレード後半の北側には造幣局内の桜見物ができるイベント「花のまわりみち」の関係での出店が少しあります(すみません、写真はありません)。

 

花のまわりみちでひとやすみ

パレードの終盤あたりに造幣局があり、この時期になると局内の桜を一般開放しています。平日だとこの看板の先に貨幣の展示室があり、そこから入るのですが土日は人が多いせいか正門から入るようになります。車は駐車場がないので停められませんが、自転車は正門を入ったすぐあたり停めることができます。

正門から入って少し歩くと桜が出迎えてくれます。例年であればもう少し桜色に染まった絵面になるのですが、今年は4月初旬の気温が高かったせいか微妙な色に。

それでも、桜の種類によってはピークは過ぎたけどギリギリ持ちこたえているものもあり、それなりに綺麗でした。

一部の桜の前に記念写真が撮れるように台が設けられているのですが、台に登るのは恥ずかしいのか台のない今年の花「福禄寿」の前で写真を撮る人が多かったです。
 
なお、造幣局の北桜門を抜けると五日市中央公園があり、そこでは「桜まつり」が開催され出店があったり、ステージで演奏があったりと賑わってました。今年も無事パレードが終わり五日市は春後半に向かいます。
 


▼ どんな人?と思われたらぜひ。